生理痛がひどい時の男性への伝え方

 

私は仕事中、生理痛がひどい時があります。会社には女性が少なくひどい時でもお手洗いに行きづらい環境であるため悩んでおります。男性と共同のトイレで長く利用するとバカにしてくる男性社員もいるくらいです。そのため、今働いている環境で生理中にトイレに行くことと、生理痛がひどい時に男性へ他の女性であればどのように伝えているのかと気になります。付き合っている彼氏であれば、理解もしていただき、辛い時でもサポートをしてくれますが、職場の男性と彼氏とでは伝え方にも違いが必要だと思います。正直に生理痛がひどくてと伝えても、「そんなの男の知ったことではない、我慢しろ」と言われます。配慮をしてもらえない環境であるのはわかりますが、女性であれば誰もが経験することを否定されるのはかなり酷だと感じました。ストレートに伝えるべきか、それとも我慢するか、別の言葉で濁すか悩んでおります。男性と女性で違う大きな問題でもあり、女性にしかわからないことを男性にも少しは理解いただける職場環境に改善されてほしいです。

 

 

相手とセックスのペースが合わない

性の悩みで一番大きいのはお互いのセックスのペースが合わないことだと思います。こちらがセックスをしたい時には相手が乗り気でなく、あちらがセックスをしたい時にこちらが乗り気にならないといったペースの違いは確実にセックスレスをもたらします。実際、セックスレスの原因のほとんどがこのようにお互いのセックスのペースが合わないことに起因するのではないでしょうか?また、セックスの回数のペースだけでなく、どちらか片方が満足して終わってしまうセックスも、パートナー間のペースが合っていないと言えるでしょう。セックスで満足感が得られないカップルの話題は週刊誌やネット記事の定番ですが、それだけお互いのペースが合わないセックスに悩むカップルが多いということでしょう。このような現状を考えると、セックスの回数や満足感を含めたセックスのペースの問題は性の悩みでもっとも重大な問題だと思います。お互いのセックスのペースを合わせる方法があるならば、必ず需要があると思います。